洗顔方法

ニキビ治療の詳細に関して

ニキビがなかなか治らないという方は、市販薬に頼るのではなく、皮膚科などの専門機関でしっかり治す方がニキビ跡も残ることなく安心でしょう。
最近はニキビ専門科のある医療機関も多くなっていますし、美容外科などでも対応してくれるところが多くなっています。

医療機関で治療する場合、塗り薬などの外用薬、内服薬などによる治療があり、美容クリニックなどでは、ケミカルピーリングや微小面皰を取り出す治療、などがあります。
これらの治療を組合わせて行うこともありますし、単体で行う場合もあります。
外用薬としてはアクネ菌を殺菌する抗生物質、毛穴のつまりをとく外用薬などがあります。
一部自由診療で費用が掛かってしまうお薬もありますが、効果は高いようです。
トレチノインなどの外用薬が自由診療で保険適用外のお薬です。

内服薬としてはクラリスなどの抗生物質、またホルモンが原因となっている場合、ホルモン治療などを行います。
女性の場合、基礎体温をつけホルモン量を調べ、低用量ピルを処方することもあります。
このほか内服薬としてはニキビの原因となるビタミン不足を補うために、ビタミン類の錠剤を処方することもあります。
美容クリニックでは微小面皰を取り除く、つまりニキビの芯を取り除く治療がありますが、専門知識を持った先生が行うことなので、自宅で同じように行うのは絶対に避けましょう。