洗顔方法

ニキビの種類の内容について

ニキビには種類、段階があります。
白ニキビはでき始め、つまり初期段階です。
毛穴に皮脂がつまり角栓ができ、毛穴の内部に皮脂がたまりコメドになった状態です。
コメドが毛穴を押し上げてぷくっと皮膚が持ち上がってくるため、ニキビだと認識できます。

次の段階が黒ニキビです。
毛穴が閉じている状態からより皮脂が毛穴の中にたまり、こらえきれなくなった皮脂が皮膚を破って皮脂が出てきます。
皮脂は空気にふれて酸化し、それが黒く見えるため、こう呼びます。

せめて黒の段階でしっかり対応してほしいのですが、ここで放っておくと酸化し黒くなった毛穴部分に雑菌が付き炎症を起こします。
この状態を赤ニキビといいます。
炎症し黒くなっていたものが周りの皮膚を含めて赤くなります。
炎症が起きているため痛みを感じますし、炎症によってかゆみが出て気になって触ってしまい、余計、炎症が進んでしまうこともあります。

この炎症がさらに進むと化膿して膿が出てきます。
膿が毛穴の上でかたまり黄色く見えるのでこの段階を黄ニキビといいます。
炎症が進み海が出ている状態なので、この状態までいってしまったら、皮膚科などの医療機関を受診する必要があります。
初期段階でしっかりニキビを治す、ということが悪化させないためにも重要なことなのです。