洗顔方法

思春期に出来るとされるニキビ

小学校の頃はつるつるの美しい肌だったのに、中学校になったらあっという間にニキビ肌!こういったことも珍しいことじゃありません。
最近はニキビや肌ケアについて知識を持っていて早めに対応できるお子さんもいて、昔ほどひどいニキビ顔を見ることは少なくなっています。

思春期という時期にできるニキビは、体が大きく変化することが原因です。
男の子は骨も太くがっちりして声変わりもあります。
女の子は初潮があり、女性らしいラインが出てきて雰囲気がぐっと変わります。
成長ホルモンが活発になり、見た目にかなり変化があるのがこの時期です。

体の内部でも変化があり、ホルモンバランスが大きく乱れます。
ホルモンバランスが乱れてしまうことで皮脂分泌が過剰となり、新陳代謝も活発なのでちょっと不潔にしているとあっという間にニキビができてしまいます
正しい洗顔を覚え、肌を清潔にする、ニキビのお薬などを利用し、こまめにケアを行うことでニキビ跡を残さずに済みます。

現代っ子はこうした知識をしっかり持っている子が多く、女子も男子も炎症を起こすほどのニキビを作ってしまうことが少なくなっているようです。
ただ、普段から現代っ子は脂質が非常に多い食事をしていることが多いので、この時期、保護者の皆さんも栄養バランスのいい野菜の多い食事を心がけてあげるといいでしょう。