洗顔方法

背中ニキビの治療方法について

顔にできるニキビと違い、背中にできるものは気が付きにくく、また悪化しやすいといわれます。
顔は常に露出していますが、背中は常に洋服に包まれています。
汗をかいたとき背中の汗は拭きとりにくく、そのままにしてしまうことも多いです。
最近は通気性のいい下着などもありますので、以前よりもできにくくなっていますが、清潔を保つというのがなかなか難しい場所です。

背中ニキビがなぜできるのかという原因ですが、基本的に顔にできる原因と同じです。
皮脂の過剰分泌によって毛穴がつまり、皮脂汚れが毛穴に広がりアクネ菌などによって炎症が起きたりします。
顔の場合、初期段階のニキビで気が付くことが多いのですが、背中は衣服で隠れていますし、自分で確認するのが難しいため、炎症を起こして痛みがあり初めて気が付くということが多いのです。

衣服で常に包まれているため、衣服による摩擦を受けやすいということもあります。
さてでは厄介な背中ニキビの治し方ですが、まず、背中を丁寧に洗うということを考えてください。
柄が付いた柔らかい刺激の少ないブラシや体を洗う長めのタオルなどに泡をたっぷりつけて丁寧に洗い、また泡を丁寧に落とすということも忘れないようにしましょう。

化粧水やボディ用ケア商品を利用し、保湿することも大切です。
膿を持つなどニキビの炎症が進んでしまった場合、皮膚科などに行きお薬をもらう方が治りも早いです。