洗顔方法

ニキビを生活習慣改善にて行う

生活習慣の乱れは糖尿病や高血圧など生活習慣病にも直結しますし、メタボリック症候群なども生活習慣が深く関係しています。
また生活習慣の乱れは肌への影響も強く、生活を見直したことでニキビなど肌トラブルが改善したという方も少なくありません。

肌が積極的に代謝を行うのは夜です。
成長ホルモンが分泌される夜10時から深夜2時くらいまでの時間帯に、肌は積極的に代謝を行っています。
この時間帯に起きていると正常な代謝ができず、ニキビなど肌トラブルが起きます。
また夜遅くまで起きているとおなかがすいて夕食を食べたのに夜食を食べ、食生活も乱れます。

お酒を飲むのが好きという方の場合、おつまみがどうしても脂っこいものになりやすく、脂質過多な状態になってしまいます。
脂質過多になると皮脂分泌が過剰な状態となり、ニキビができやすく、また皮脂が大好物なアクネ菌の温床となり、悪化しやすいということもあります。

ストレスを受けない生活というのは現代無理なことですが、ストレスとうまく付き合っている方は肌トラブルも少ないです。
帰宅したら体をじっくり休ませ、自分を癒す時間を作るなどストレスを解消する方法を実行していくと、ストレスによる自律神経の乱れを改善することができ、ニキビ対策にもなります。
生活習慣は生活習慣病など以外、ニキビなどの肌トラブルにも深く関係しているということを理解しておきましょう。