洗顔方法

ニキビのNG行動である潰す行為

ニキビができるとついつい触れてしまう、皮膚が膨らんでいるので押したりつまんだりして結果的に潰してしまうこともありますし、指で無理やり潰した方が治りが早いなんて思っている方も多いです。
でもこれは絶対にしてはいけないこと、「NG」行為です。

ニキビの初期段階では、毛穴が皮脂によってふさがれ、毛穴の中に過剰分泌された皮脂がどろどろになって残っています。
これがコメドという状態ですが、この状態の皮膚は少し膨らみがあり、人によってはかゆみがあるなどついつい触ってしまうことも多いです。
潰してしまうと毛穴が開きそこからコメドが出てきます。
空気にふれて酸化すると黒くなり目立つのでますます触ってしまいます。

指先というのは雑菌がとても多く付着しているため、雑菌が付くほか、アクネ菌がほかの菌と共に増殖し、あっという間に赤ニキビ、炎症を起こしたニキビになってしまうことも少なくありません。
毛穴が開き炎症が始まれば周りに皮膚は固くなり、膿が出てくると皮膚細胞にまで影響を及ぼすことになります。

無理に潰すのではなく、お薬などを塗って触らず清潔を保ちながら時間をかけて治すということを心がけましょう。
ニキビを潰すことで後に跡が残ってしまうということにもなりかねません。
きれいな肌に戻したいということなら、潰さず対応することが一番です。