洗顔方法

ニキビに対しての内容を知る

多くの方が経験し、年齢を重ねていけば治るもの、と思っていると炎症を起こし後にクレーターのようになってしまうこともあります。
大人ニキビは現代人の大きな悩みとなっています。
まずは詳細を知り、対応策を考えていくべきです。
たかがニキビでしょ?なんていう人がいますが、ニキビはれっきとした皮膚病、「尋常性ざ瘡」と呼ばれる皮膚疾患です。

誰にでもできるものと思っていたら大間違いです。
放っておけば炎症を起こしひどい痕になってしまうこともあります。
そうならないようにニキビの詳細を知っておくべきです。

毛穴に皮脂がつまり毛穴の入り口をふさぎ肌が膨らんだ状態が白ニキビと呼ばれる状態です。
この口が開きたまった皮脂が空気に触れて黒く変色した状態を黒ニキビ、そこに雑菌がつき炎症をおこし皮膚が赤くなると赤ニキビ、それがさらに進んで膿が出るようになると黄ニキビといいます。
段階があるということです。

毛穴の中に詰まった皮脂はアクネ菌の大好物です。
アクネ菌が増殖を繰り返し炎症を起こすようになると一気に症状が進み、市販されているお薬では改善できなくなります。
炎症がひどい場合、抗炎症剤が必要となりますし、のちに痕を残さないためにも、たかがニキビと思わずに真剣に向き合うことが大切です。

初期段階なら正しい洗顔と市販薬でしっかり治せてしまう方が多いのです。
放置してしまうことで炎症を起こし悪化していきます。
顔にも背中にも首や胸元にもできやすく、炎症を起こしてしまうと厄介ですから、初期段階できちんと対応しましょう。