洗顔方法

ニキビに効果的な薬

思春期時代にはそれほど悩まなかったのに大人になってからニキビに悩むようになったという方が多くなっています。
また、食生活が変化し、脂質の多い食事がメインとなっていることもあり、思春期ニキビに悩む若い方も増加傾向にあります。
食事などの改善も必要なことですが、できてしまった場合、お薬などを利用して初期段階で改善できるように心がけましょう。

まず市販薬ですが昔から有名なのはクレアラシルでしょう。
またテラ・コートリルというお薬も有効です。
こうした市販薬はニキビの上に塗布しアクネ菌を退治してくれるというお薬ですが、これら市販薬を利用しても改善しないようなら、皮膚科などで治療を考えていきましょう。

皮膚科などの医療機関で処方してもらえるお薬には抗生物質、皮脂分泌抑制剤、ビタミン剤、抗炎症剤、抗ニキビ剤などです。
抗生物質はアクネ菌を抑制するものです。
抗生物質はあまり長く利用すると耐性が出てしまうので、短期で利用するということを心がけましょう。

抗炎症剤はニキビが化膿しないように、また化膿がひどくならないように処方されます。
皮脂分泌抑制剤は過剰になっている皮脂分泌を抑制するお薬です。
女性の場合ホルモンバランスの乱れによってニキビができることも多いので、その場合、ホルモン剤などを処方される場合もあります。