洗顔方法

ニキビの遺伝の詳細

ニキビができやすい親を持っているとその子もニキビができやすい、つまりニキビができるということが遺伝するということもよく言われます。
でも実は、ニキビが遺伝するということではなく、できやすい体質が遺伝するということです。

ニキビができやすい体質とはどういったものか、考えてみると、肌の代謝が悪いということが挙げられます。
肌の代謝イコール肌のターンオーバーですが、この周期、期間が長い場合、肌を保護する機能が衰えている状態が人よりもが長いということも考えられます。
ほかの人は休止期を終え、次の皮膚の代謝に向けて細胞の代謝が活発になっている、でも周期がほかの人よりも長いという場合、ほかの人は細胞が活発になってもまだまだ休止期、つまりバリア機能が衰えている状態が長いということになります。
するとニキビもできやすくなります。
これは体質の問題です。

この体質はご両親から遺伝することが多く、ご両親がこうした肌代謝が長くかかるという体質の場合、お子さんも同じようにターンオーバーの周期が長いということになります。
ニキビができやすい体質、ということです。
できる、できないということは遺伝しませんが、できやすい体質は遺伝するため、ニキビは遺伝すると表現されるのです。