洗顔方法

ニキビの治療は皮膚科にて対応

ニキビに対応できるお薬は、市販薬でも今たくさんの種類があり、自分に合ったものを選択しニキビとうまく付き合っているという人もいます。
ニキビの初期段階、白・黒ニキビの状態で根治させるということがとても重要なことです。
もし市販薬を数日から1週間ほど利用して、それでも改善が見られないという場合、やはり専門家の治療を受ける方がいいでしょう。

通常、初期段階であれば市販薬で十分対応できるといいます。
ただ清潔な状態でお薬を利用しなかったり、洗顔が十分行われていないなどの理由から、市販薬で全く改善しないという方もいます。
1週間つけて効果がないということは、市販薬の効果が発揮されていないということです。
この場合、やはり皮膚についての専門知識を持つ医師に相談する方がいいでしょう。

医師によるニキビ治療は、その方の状態を確認し、必要なお薬を処方し、また生活改善を行い根本的にできない体質に持っていくなど指導も行われます。
肌ケアについて自分が正しいと思っていたものが、まったく逆効果だったという方もいますので、しつこく継続しているニキビの場合、皮膚科などの医師に診てもらい、根本的解決を考える方が、ニキビ跡への対応、予防という面を含めて最善策となるでしょう。