洗顔方法

ニキビは跡が残る仕組み

毛穴の皮脂腺から過剰分泌された皮脂が毛穴の中につまり、そこに雑菌やアクネ菌が感染、増殖し、炎症を起こしたニキビになってしまいます。
もちろん人間には面積細胞がありますのでアクネ菌と必死に戦い除外しようとします。
細胞がアクネ菌と戦い、戦いに敗れた細胞が死骸となりますが、この死骸が「膿」です。
必死に戦った残骸、ということです。

この戦いが炎症ということですが、炎症が真皮にまで広がるとそこを保護するために余分なコラーゲンが大量に作られ、瘢痕細胞となります。
この細胞は皮膚が膨れたような状態を作り出します。
ニキビ跡でよくみられるごつごつとした皮膚です。
膿は毛穴を大きく広げ、その周囲の皮膚が瘢痕となると、大きな穴、硬い皮膚によってクレーターが誕生します。

穴の表面は瘢痕組織によって固められてしまうため、皮脂の代謝が行われず、そのまま堅いクレーター状のニキビ跡になってしまうのです。
ニキビ跡http://www.asian-winds.jp/の中でもクレーター状になったものはなかなか改善できず、皮膚科などでレーザー治療などを行う必要があります。
クレーター状態にならず、皮膚に赤く色素沈着を残す場合もありますが、これも、市販薬や専用商品で改善することが難しく専門家の腕を頼りにする必要があります。